ホーム > 教育・文化・スポーツ > レジャー・スポーツ > 観光情報 > 弁天島海浜公園の利活用に向けたサウンディング型市場調査の実施について

ここから本文です。

更新日:2017年12月27日

弁天島海浜公園の利活用に向けたサウンディング型市場調査の実施について

浜松市では、表浜名湖地域における観光拠点として活性化を図るため、弁天島海浜公園の利活用に向けた施設の整備を検討しています。施設の整備手法を検討するにあたり、サウンディング型市場調査を実施します。

≪本ページ下部に、調査の実施にあたり、事前に頂いたご質問に対する回答を追記しました。≫

調査の概要

  • 弁天島海浜公園の利活用にあたり、整備施設や面積、運営方法等について、民間事業者と市で対話を行い、どのような内容が実現可能で、より良い手法かを探るものです。
  • 調査(対話)の結果は、今後の整備手法を決定するための参考とします。
  • 調査(対話)への参加に要する費用は、参加された民間事業者の負担とします。

調査にあたり市が想定する前提条件(※想定であり決定事項ではありません)

(1)整備面積

弁天島海浜公園の土地すべてを対象範囲として、民間事業者で必要と考える範囲で整備

(2)整備施設

市が必要と考えている施設

観光案内・情報発信スペース、レンタサイクル、シャワー、ロッカー、トイレ

その他整備が想定される施設

物販、飲食、日帰り温泉、ビーチスポーツ関連など

(3)整備の手法

民間事業者に土地を貸し付け、民間事業者・資本により必要な施設を一体的に整備

(4)整備施設の運営方法

民間事業者により整備施設を管理運営

主な対話の内容

  • 市が想定する整備内容の適否や課題について
  • 民間事業者と市における施設の管理運営のより良いすみ分けについて
  • 弁天島海浜公園周辺を含めた一体的な利活用の提案について
  • 事業実施にあたっての地元地域との協力についてなど

調査スケジュール(予定)

  • 平成29年12月:調査実施概要の公表、事前説明会、現地見学会
  • 平成30年2月:調査(対話)の実施
  • 平成30年3月:調査(対話)結果の公表

調査実施後のスケジュール(予定)

今回の調査結果を参考に、平成30年度内に整備内容等の公募条件を整理します。

公募条件を整理した後、地元地域との調整のうえ、整備内容を決定していきます。

  • 平成30年度:地元地域との調整、整備内容の決定
  • 平成31年度:整備事業者の公募、整備の実施
  • 平成33年3月:整備完了
  • 平成33年4月:運用開始

弁天島海浜公園の概要

(1)施設名称

浜松市弁天島海浜公園

(2)所在地

浜松市西区舞阪町弁天島3775番地の2

(3)敷地面積(登記地積、国有地含む)

30,283.16平方メートル

(4)駐車台数

297台(普通車294台、大型車3台)

調査要領・調査様式

(1)事前説明会及び現地見学会

開催日時:平成29年12月20日(水曜日)午後1時から午後3時予定

申込期限:平成29年12月15日(金曜日)午後5時15分まで

(2)対話の実施

開催日時:平成30年2月5日(月曜日)から2月9日(金曜日)のいずれかの日で30分程度を予定

申込期限:平成30年1月29日(月曜日)午後5時15分まで

(3)調査概要資料・申込様式

事前質問に対する回答

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所産業部観光・シティプロモーション課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2295

ファクス番号:050-3730-8899

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?